1. ホーム
  2. 新規協賛店一覧
  3. いじめの加害者を作らない子育て塾「ノブリの森」

新規協賛店等の紹介

いじめの加害者を作らない子育て塾「ノブリの森」

  • 奈良市
  • 子育て支援団体

2018年03月12日更新

サービス内容

子育て相談

「子どもが言うことを聞かなくて困る」「子どもへの接し方、言葉のかけ方がわからない」と悩む小学生のママ向けに、マンツーマンまたは少人数の子育て講座を開催し、「子どもの自己肯定感を上げるスキルと、下げないスキル」をお伝えしています。

言葉のかけ方を少し変えるだけで、子どもの反応は変わり、子育てが楽しくなります。

またスキルを使えるようになれば、子どもの人格を責める言葉が減り、自信を高める言葉が増えるので、子どもの自己肯定感が育ちます。

自己肯定感が健全に育っている子は、いじめの加害者にも被害者にもなりにくいです。

講座の詳細はHPをご覧ください。


もと翻訳家。上記は訳書。『やさしいママになりたい!ギノット先生の子育て講座』『子どもを上手に叱っていますか?しあわせな親子関係を作るコツ教えます』(筑摩書房)ネット書店、リアル書店で販売中。

代表者氏名 森 かほり
住所
奈良市
URL https://www.noburinomori.com/
会員募集の有無
メッセージ 個人講座のほかに、PTAなど団体様向けにも講演を行っています。

「いじめの加害者を作らない」という視点に行きついたのは、あの大津市のいじめ自殺事件がきっかけです。

当時わが子は中2と小5で、私は事件に大きな衝撃を受けました。

「そもそも加害者がいなければいじめは起きない。では加害者を作らないためにはどう子育てをすればいいのか」と自問していたときにふと目についたのが、デスクにあった、翻訳原稿と原書でした(当時、翻訳の仕事をしていました)。

「これだ! この本のように育てられた子は、あんなにひどく誰かをいじめたい心境にはきっとならない!」と、気持ちが高ぶり、今すぐにでも、この内容と、わたしの実践経験をお母さんたちに伝えたくなりました。

それが、いじめの加害者を作らない子育て塾「ノブリの森」の始まりです。

「ノブリ」はNo Bully(ノー・ブリー)=いじめをなくす
というフレーズをもじってつけました。

子どもが愛情で満たされていれば、結果としていじめはなくなるはず。

子どもがしっかりと愛情に満たされるスキルを、「自己肯定感をはぐくむ子育て」としてお伝えしています。

講演の詳細はHPをご覧ください。
  • 新規協賛店の一覧へ戻る
  • 印刷する